グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > Web用語集  > あ行

あ行

アールエスエス(RSS)

おもにWebサイトの更新情報をまとめたデータのフォーマットのことで、ユーザーがRSSリーダー等を利用することで、最新の更新情報を効率的に把握することができるため、ニュースサイトやブログで更新情報をRSSで公開することが増えています。

アーカイブ(archive)

古記録や公文書、記録保管所、書庫などを意味する言葉ですが、Web上では過去の記事など大量のファイルをまとめて保管してある場所(ディレクトリやフォルダ、ファイル等)のことを言います。

アイ・イー(IE)

Internet Explorerの略で、Microsoft社のWebブラウザのことです。現在、日本国内ではInternet Explorerがブラウザシェアの過半数を握っています。

アイピーアドレス(IP address)

Internet Protocol Addressの略で、インターネットやイントラネットなどのIPネットワークに接続されたコンピュータや通信機器1台1台に割り振られた識別番号で192.168.1.23などの数字で表現されます。

アイコン(icon)

パソコンの画面において、処理の内容や対象を簡単で小さな絵柄や記号で表現したものです。

アカウント(account)

システムやWEBサービス等のネットワークやコンピュータに利用者がログインするための権利のことをいいます。一般的にはユーザーアカウントと呼ばれています。

アクセシビリティ(accessibility)

直訳するとアクセスのしやすさという意味です。Webの世界では、対象となるWebサイトやシステムなどが、どの程度、多様で広範な(高齢者や障害者などハンディキャップを持つ人を含めた)人に利用可能であるか、あるいはその度合をあらわす語として使われています。

アクセスログ(access log)

Webサイトや各ページへの訪問記録のことです。

アクセスログ解析

アクセスログ(アクセス元のIPアドレスやドメイン名、アクセスされた日付や時刻等)をもとに、ユーザーが、どこから、どのような経路でサイトに来たか、どのコンテンツが閲覧されているのか、など解析する機能やその結果のことです。

アップロード(Upload)

ネットワークを通じて、データをサーバに転送することをいいます。単なる送信と違い、ネットワークの下流階層から上流階層に送ることを指し、対義語はダウンロード(Download)になります。

アフィリエイト(Affiliate Program)

インターネット広告の一種で、提携した商品やサービスをWebサイト等で紹介し、成約に至った際に予め取り決めてあった手数料を報酬として受け取る仕組みのことです。
個人が、ブログ等で紹介するケースが多くあります。

アンカーテキスト(anchor text)

Anchorとは船の錨(いかり)のことですが、固く結びつけるという意味も持っています。
同じページ内もしくは別のページの指定した印(アンカー)のところにリンクを貼ることで移動を可能とします。

EC(イーシー)

e-commerceの略です。日本語では電子商取引となり、インターネットなどのネットワークを利用して、商品やサービスの販売および、契約や決済等をおこなう取引形態です。

インターネット広告

インターネット広告とは、インターネット上のウェブサイトや検索エンジンの検索結果などを利用して掲載される広告のことです。通常、広告媒体となるウェブサイトや検索結果の画面などに、広告主となるサイトへリンクを設定することによっておこなわれています。

インターフェース(interface)

ソフトウェアやハードウェアの接続方式や、パソコンとユーザーとの接点における画面や対話形式のことを言います。

インポート(import)

直訳では「輸入」や「持ち込む」という意味ですが、コンピュータでの用語では、あるソフトが他の異なるソフトなどからデータを取り込み扱える形式にすることを言います。
対義語は、エクスポート (export)です。

ウィキ(wiki)

wikiとは、ウェブブラウザからサーバ上にあるハイパーテキスト文書を書き換えるシステムあるいは、そのシステムを利用して作成された文書群を言います。誰もがネットワーク上のどこからでも、簡単に記事を発行・編集できる点がwikiの特徴で、ウィキペディア (Wikipedia)もwikiのシステムを利用しています。

Webブラウザ

Webページ(ホームページ)を閲覧するためのアプリケーションソフトで、単にブラウザと呼ばれることも多いです。Internet ExplorerやNetscape、Firefox、Chrome、Opera等が著名なWebブラウザです。

Web標準

World Wide Webで標準的に利用される技術のことです。その仕様は、W3C等の国際的な組織によって策定されています。
各社のWebブラウザがそれぞれ独自に機能拡張していた結果生まれた混乱を打開するために共通仕様としてのWeb標準が提唱、啓蒙されるようになってきました。

ウェブログ(Weblog)

Webのlogという、その名の通りウェブ上のログ(記録)のことを呼びます。初期は自分が気になったニュースやサイトの記録や紹介の用途で使われていましたが、現在では、日記やコラム、特定の分野についての紹介などに使われることが多く、ウェブログも短縮してブログと呼ばれるのが一般的になりました。

エクスポート(export)

直訳では「輸出」ですが、コンピュータでの用語では、あるソフトから、他のソフトで利用することを目的に、互換性を持った状態でデータを取り出すことをいいます。対義語は、インポート(import)です。

エイチティーエムエル(HTML)

HyperText Markup Languageの略で、Web上のドキュメントを記述する言語です。
文章に対し、その構造や見映えなどを指定(マークアップ)するマークアップ言語の一種でウェブを構成する基幹となる言語です。
ドキュメント間の移動をさせるハイパーリンクを設定できる特徴を持っています。

エスイーオー(SEO)

Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化と略される。自らのWebサイトをサーチエンジンの検索結果のページで上位に表示されるように工夫することを言います。企業などにとっては上位に表示されるかどうかによって顧客の獲得などに大きな影響を及ぼすためSEOの専門業者などに依頼するケースも少なくありません。

エフティーピー(FTP)

File Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)の略です。インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークでファイルを転送するときに使われるプロトコル(通信手順、通信規約)のことです。

お気に入り(Bookmark)

Webブラウザ機能のひとつで、本の「しおり」を意味するブックマークなどとも呼ばれます。何度も訪れるWebサイトのURLをリスト化し記録しておく機能で、ユーザーが毎回URLを入力する手間が省け、よく訪れるWebサイトへのアクセスが容易になります。

オルト(alt)属性

altとは代替を意味し、Webページ内にある画像に画像状態で閲覧できない環境下でもテキストや音声で内容がわかるようにその画像の情報をテキストで付けます。視覚障がい者は、alt属性の文章で画像を認識することが多いです。

Opera(オペラ)

Opera Software ASA社のWebブラウザです。

電話でのお問い合わせ

  • 【本社】053-459-1700
  • 【東京】03-5207-6490