グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > サービス  > Facebookの活用(SNS)  > Facebookページの立ち上げと運営

Facebookページの立ち上げと運営

Facebookはこう使う!

世界屈指のSNSとして日本でも活躍をしているFacebook。その利用方法は個人の情報収集やコミュニケーションだけではありません。企業としてどう活用していくべきなのか、その答えを私たちは知っています。


Facebookの利用

商用利用が可能であること

近日、Facebookにおける日本での利用者数が増加の傾向にあります。日本では「Mixi(ミクシィ)」や「Gree(グリー)」と言ったソーシャルネットワーキングサービス(以下、SNS)が有名ですが、今後、これらのSNSと同等かそれ以上の認知度、利用者数になり得るサービスが「Facebook」です。
既に全世界で5億人のユーザを保有している世界屈指のSNSとなっています。日本では現段階でそれ程普及してはいませんが、利用ユーザが月単位で増加しているという事実もあります。なによりも、MixiやGreeの商用利用は難しいですが、「Facebook」ではそれが可能です。さらに、Facebookの利用に対する費用は発生しません。
今後はこのようなSNSも経営戦略として利用していく時代なのです。

利用ユーザを経由するシェアの発信

利用者ユーザに有益な情報を与えるFacebookページ

Facebookは個人情報を登録して同じ利用者とコミュニケーションを取ることのできるサービスです。しかし、提供されている機能はそれだけではありません。そのうちのひとつが「Facebookページ」です。(旧ファンページ)
Facebookページは個人アカウントがあれば誰でも作成することができます。
個人アカウントとは違い、Facebookページは個人名義で作成するものではありません。このため、社名で作成したりコミュニティ名で作成したりと、現在多種多様なFacebookページが存在しています。このFacebookページを公開することで、Facebookページの名称をアピールすることができます。
もちろん、作成しただけでは意味はありません。Facebookページと言っても、基本的には個人アカウントのページと大きな違いはありません。訪問したユーザにとって有益な情報を提供していくことで訪問ユーザを獲得し、初めてその存在をアピールすることができるのです。

訪問者とのコミュニケーション

名刺工房ウォール

Facebookにはウォール(掲示板)という機能があります。ウォールにはそのページの管理者が情報を投稿できる他、そのページに対して「いいね!」ボタンを押している閲覧ユーザがウォールの書き込みに参加できるというシステムになっています。これにより、管理者がウォールに投稿した情報に対して、ユーザがコメントを書き込んだり、閲覧ユーザ同士がウォールを利用してコミュニケーションを取ったりということが可能です。
管理者にとっては訪問したユーザの生の声を聞くことができますし、ユーザに対してコメントを投稿することでユーザとの繋がりを確立することができます。企業のFacebookページであれば、企業の声としてお客さんと直接対話できるツールとして、その両者の敷居を大きく下げることができるのではないでしょうか。
訪問したユーザと対話をし、様々なユーザによってウォール自体が活発に更新されるようになれば、それは大きな成果に繋がります。

訪問者に情報を拡散してもらう

ユーザのアクティビティ

情報を拡散してもらうということが、このFacebookを利用することの大きな理由になります。前項では、ウォールが活発になることで大きな成果に繋がる、と言いましたがその理由がこの「情報を拡散してもらう」ということになります。Facebookの特徴とも言える「情報の拡散」ですが、これは閲覧ユーザがFacebookページに対して行った行動がその閲覧ユーザを通して、ユーザの友達(Facebook内における友達)に伝わるということです。

情報拡散の仕組み

例えば、とあるFacebookページに対して既に「いいね!」ボタンを押しているユーザAさんがいます。ユーザAさんには多くの友達がいるとします。
この時、AさんがFacebookページのウォールに投稿したとすると、このFacebookページを知らなかったとしてもAさんの友達に「AさんがFacebookページ(仮名)のウォールに投稿しました。」というお知らせが届きます。
このお知らせはAさんの友達の個人ページに表示されているので、Aさんがウォールに投稿することが、Aさんの友達がこのFacebookページに訪問する導線となるのです。前項での頻繁にウォールが更新されるようになれば、というのはまさにこのことで、頻繁にウォールが更新されているということは、その都度ウォールを投稿したユーザと関係性を持つユーザにFacebookページの情報が拡散していくのです。

それが有益な情報であればある程、興味を示しFacebookページに足を運んでくれるユーザの数は増えていきます。
Facebookページは企業であれば社名で作成することが多いので、自社の製品のアピールにも繋がりますし、もちろん会社自体の知名度を高めることもできます。このようにユーザからユーザへと情報を自動的に拡散していけるツールがFacebookです。

アーティスではこのFacebookの立ち上げから運営までを幅広くサポートいたします。

アーティスの運営するFacebookページ

名刺の専門店アーティス名刺工房

アーティス名刺工房Facebookページ

アーティスが運営する「名刺の専門店 アーティス名刺工房」のFacebookページです。アーティス名刺工房の新着情報が随時ウォールに掲載されています。訪問ユーザに最新の情報を提供するべく、定期的にウォールに情報を流しこんでいます。また、初回訪問ユーザに対して「ようこそWellcome」というコンテンツを用意しており、このFacebookページがどのようなページなのかを伝わりやすくしています。

電話でのお問い合わせ

  • 【本社】053-459-1700
  • 【東京】03-5207-6490