グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ソリューション  > コンバージョンを増加させたい

コンバージョンを増加させたい

Webサイトからの「お問い合わせや資料請求」が、なかなか増えないお客様に解決法をご提案します。


コンバージョン数(Webサイト上から獲得できる最終成果の数)を導き出す方程式

ユーザーからの「お問い合わせ・資料請求」獲得が目的となるサイトの場合

アクセス数×コンバージョン率=コンバージョン数

Webサイトにおける「資料請求・お問い合わせ獲得数」は上記の公式で求められます。
つまり、成果(お問い合わせ数や資料請求数)を増加させるためには、まず「アクセス数を増やすこと」それから「コンバージョン率をあげること」が必要になります。

  • コンバージョン率とは?
    Webサイトを訪れたユーザーのうち、目的となるアクション(問い合わせや資料請求など)を起こしたユーザーの割合を示す指数。例えば、100人の訪問者中10人が実際にお問い合わせをした場合、コンバージョン率は10%となります。

Webサイト上での「商品購入」による「売上成果」が目的となる場合(ECサイト)

アクセス数×コンバージョン率×販売単価=コンバージョン数

Webサイトにおける「売上成果」は上記の公式で求められます。
つまり、売上成果を増加させるためには、まず「アクセス数を増やすこと」それから「コンバージョン率をあげること」さらに「販売単価を上げる工夫」が必要になります。

アクセス数を増加させる方法

全インターネット利用者の70%以上が検索エンジンを利用してWebサイトを訪れています。
効率的にユーザーをWebサイトに集客するためには、検索エンジンからターゲットユーザーを集客できるWebマーケティングが必要です。

具体的な方法については「アクセス数を増加させたい」をご覧ください。

コンバージョン率を向上させる方法

コンバージョン率を上げる上で、まず考えるべきことは、コンバージョンを妨げる要因の排除です。
ユーザー調査によると、サイト内の様々な要因、あるいは障害によってユーザーがしたかった目的を果たせないケースが非常に多いことが分かっています。
ユーザーが目的を果たす上で問題となる部分を発見し改善していくことによって、コンバージョン率は目に見えて変わってきます。

具体的な方法については「使いやすいサイトにしたい」をご覧ください。

電話でのお問い合わせ

  • 【本社】053-459-1700
  • 【東京】03-5207-6490